ヘアケアにおすすめのシャンプーと髪の手入れ方法

 ヘアケアについてわたしのおすすめするシャンプーは1−ERシャンプーです。

 

このシャンプーはパーマ、カラー後のアルカリ性に傾いた髪のスタイルを保つため自宅でもまるでプロのような仕上がりに仕上げるシャンプーです。

 

低刺激性であり肌の弱い方にも安心して使える商品のひとつで、コンディション効果もあり、はじめて低刺激性のものを購入するという方には特におすすめの商品です。

 

天然植物成分配合で洗い上がりもさっぱりとしているため洗髪後のドライヤーで髪を乾かす際にもなめらかに乾かすことができます。

 

弱酸性で環境への配慮にもよい、バランスのとれたシャンプーです。なんといってもホームケアで髪を傷める心配のないことが魅力的です。

 

また髪を乾かした後、時間がないからといって乱暴に髪をごしごしこすると地肌を傷つけてしまう恐れがあります。

 

ブラシもよく販売されているプラスチック製や、ナイロンのものでは静電気が発生しやすいため髪を痛めやすいです。

 

おすすめのブラシとしては木製の物など目の粗いものを選ぶようにすると頭皮の血行を良くして栄養もいきわたらせやすいです。

 

またシャンプー前のブラッシングも重要です。これは洗髪前にしっかりとブラッシングして髪に刺激を与えておくことで老廃物などの汚れを浮かせ洗髪の際に汚れを落としやすくなるためです。

 

シャンプーだけでは落としにくい汚れも落とせるようになります。また髪は夜眠っている間に成長します。

 

シャンプーは寝る前など必ず夜行うようにするといいでしょう。 

2016/12/14 12:34:14 |

くせ毛と髪のうねりに悩まされてきた私ですが、最近は石けんシャンプーとホホバオイルを使ったケアで解消されました。

 

どちらも使い方にコツがありますが、慣れてしまえば通常のシャンプーと変わらず、手軽に使えます。

 

シャンプー前には、まず全体をブラッシング。頭皮を柔らかく保つためにも地肌のブラッシングは大切で、血行もよくなり頭がすっきりします。

 

 

続いてお湯シャワーで下洗い。そのあと石けんシャンプーで2度洗い。1度目は髪の汚れを落とすため、2度目は頭皮の汚れを落としマッサージする気持ちで。

 

石けんシャンプーは髪の根元に付けて、キメ細かい泡を立てて全体を包み込むようにして洗います。

 

すすぎはシャンプーと同じくらいの時間をかけて、丁寧に。タオルドライ後、ホホバオイルを少量手にとり頭皮と髪全体に広げます。

 

あとは、ドライヤーで出来るだけ速く乾かします。自然乾燥はNG!最後に冷風で仕上げるとツヤが出ます。

 

シャンプーは夜にして、翌朝はホホバオイルを全体にのばしてブラッシングをするだけで、ブロー要らずのツヤ髪がキープできます。

 

くせ毛や髪のうねりは消えませんが、ツヤがある事で気にならなくなります。表面の毛羽立つ感じのくせ毛はなくなり、ヘアアレンジも楽しくなりました。

 

シャンプーやコンディショナー、美容室でのトリートメントも色々試してきましたが、この、石けんシャンプーとホホバオイルの素朴な組み合わせが、私の髪には合っていたようです。 

2016/12/03 12:33:03 |

まずはコチラのサイトをご覧下さい⇒(くせ毛・髪のうねり対策を徹底検証!憧れのサラツヤストレートを手に入れる!

 

 

梅雨時や湿度の高い日は、くせ毛の人にとっては悩みの日ですよね。

 

どんなに頑張っても後れ毛がくるくるうねうねコントロール不能になって辛い!

 

私もずっと悩んでいたのですが、先日シャンプーとトリートメントを変えたところいきなり良くなった感じがしてるんです。

 

ストパー以外解決策はないと思ってたのでびっくりしました笑

 

せっかくなのでどんなことをしたのかを書いておきますね。

 

シャンプーとトリートメント選びの最大ので唯一のポイントは、シリコンが入っているかどうかです!

 

ここ数年ノンシリコンを売りにしているものが多いですが、

 

我々のくせ毛はそれでは制圧できません!

 

なのでうねりを抑えたい場合はシリコン入りにしましょう。

 

で、そういう商品て結構安かったりするんです笑

 

なので値段も気にしなくていいです!

 

よくわからなかったら、ノンシリコンじゃないものと覚えておいてください。

 

それで、髪を洗う際には面倒がらずにトリートメントまで毎回行ってくださいね。

 

乾かす際はくしを通しながら、上から下にドライヤーの温風をあてます。

 

乾かし終わったら、涼風を当てて髪全体を冷やしてください。
こうすることでキューティクルが落ち着いて、髪型が長持ちするそうです!

 

私はこれで髪のうねりが大分改善されました。
お金はかかりませんがほんの少しの手間はかかりますね。

 

もしこれも面倒ーという方はストパーや縮毛矯正もありかも知れません。
いろいろな手を使ってうねりと戦いましょう! 

2016/12/02 12:33:02 |

 年々、髪の量が減ってきているように感じます。それは本数だけではなく、髪の毛一本ずつが細くなってきて髪の毛にも老化がきました。

 

髪の毛のうねりやくせ毛や髪の流れ具合も、どんどん変化していってパサパサとする日もあります。

 

私の髪の毛は、もともとつむじが2つあるせいもあり、その付近の髪の毛の流れが、くせ毛です。

 

また、毛先部分は肩にかかっていたので、軽くウエーブする感じで収まりはまだよかったと思います。

 

そのため、スポーツをするとき何度など若いころは、髪の毛をぐっと束ねてくくっていました。

 

そうした髪の毛をしていたこともあり、前髪より後ろのM字分け目部分が、薄くなってきているように今は感じます。

 

 

それにまして、白髪が顔付近とつむじ付近に、たくさん見るようになりました。

 

そんな毛の体質ですので私は、一か月に一度、必ず美容室に行き髪の毛を染め髪の毛に、またコシやハリやハリでポリュームが戻ってくるようにしたいと考えています。

 

行きつけの美容室では、必ず前処理のトリートメントと後処理のトリートメントなどやヘッドスパなどで、頭皮を押してもらうようにしています。

 

家での処理として、アミノ酸シャンプーを使います。なるべく、ラウロイルメチルアラニンが成分表に記載されているのを確認して買うようにしています。

 

成分で、水がたくさん含む濃度の高いのがいいと聞きました。

 

それによりダメージを補修してもらうようにしています。

 

 

またトリートメントで水分や保湿が保たれるようなものを使っています。

 

私は、今COTA のシリーズを使っています。

 

それから、ドライヤーの熱で髪の毛が痛みすぎないようにオレイン酸入りやビタミンが含むアルガンオイルで、髪の地肌に栄養を与えるように心がけています。

 

そうすることにより、自然なつやが出でくし通りもよくなります。 

2016/11/29 12:33:29 |

昔から猫っ毛でくせ毛でスタイリングがしにくく、パーマを当てたりカットのしかたを変えたり、試行錯誤していました。

 

それが、子供を産んでからはさらに悪化し、全体的にペシャンとなり、明らかに髪の毛の中がスカスカな状態に。

 

いろいろなクチコミを参考にしては、違うシャンプーを使ってみたり、産後のママにオススメと言われれば、トリートメントを使ってみたり…でも、子育て中の身、自分にかけられる時間もお金も、そうたくさんあるわけではありません。

 

そこで、私が実践したのは、「シャンプーの前にトリートメントやコンディショナーをしてしまう」という方法。少し前から、海外のヘアケアの新常識と、ネットでも話題になっています。

 

方法はいたってシンプル。髪につける順番を変えるだけ。

 

私の場合は、「シャンプー→トリートメントorコンディショナー→シャンプー」と、シャンプーを2回しています。

 

最初のシャンプーで、髪や毛穴の汚れを落として、綺麗な髪の状態でトリートメントかコンディショナーをつける。

 

そのあと、少量のシャンプーでもう一度洗う。

 

トリートメントやコンディショナーって、しっとりする分、乾かした後に髪の毛に何か残っているような感じがしていたんですが、最後にシャンプーで洗うことによって、余分な油分が洗い流されているように思います。

 

個人的な感想なので、専門家のかたに笑われるかもしれませんが…。

 

でも、この方法に変えてから、髪の毛の状態がすごく良いです!うねうねして絡まることもなく、極度にペシャンとなることもなく、スタイリングが上手くいかないイライラから、解放されていますよ! 

2016/11/26 22:15:26 |

私の髪の悩みは、くせ毛。
くせは生まれながらのもので、頭全体に大きなうねりがあります。
母親も強いくせ毛なので、遺伝ですね。直毛の父に似れば良かった…。
現在29歳ですが、年々くせが強くなっているような気がします。加齢のせいでしょうか?

 

なぜか右側のうねりが強く、表面よりも内側の方が大きなうねりがあります。
右側のくせを落ち着かせるため、分け目は左側にして、髪の重さでくせを抑えています。
ずっと同じ場所を分け目にしているため、ハゲてしまうのでは、と最近ちょっと不安に思っています。

 

髪1本1本もくせがあり、くせのせいでぶわっと広がってしまいます。
特に湿気が多い日は最悪。
どれだけブローしてもまとまらないので、ゴムでまとめてごまかしています。
地味な事務職をしているのですが、ひっつめ髪のせいで余計に地味になっています。

 

くせが特に強いのが生え際。
前髪は毛が細いせいか、くせが強く出てしまいます。
くるんと巻いているので、ブローしても時間のムダ。諦めて放置です。

 

 

くせ毛で困るのが、好きなヘアスタイルにできないこと。
ずっとストレートパーマをかけています。
ふんわりとしたパーマスタイルにしたいのですが、髪質的に不可能なのが悲しいです。
一度挑戦したことがあるのですが、パーマのカールとくせが混ざってしまい、変な動きになってしまいました。
それ以来自分にパーマは鬼門だと避けています。
雑誌などで「くせ毛風パーマ」というフレーズを見るといらっとしてしまいます。
結局まとまりを良くするため、いつも同じような髪形になってしまうんですよね。
さすがに飽きてしまいました。

 

 

今行っているくせ毛対策は、髪質に合ったヘアケアアイテムを使うことです。
特にシャンプーがポイントかな、と思います。
学生時代はドラッグストアで買える安いものを使っていましたが、社会人になってからちょっと高めなサロン専売の商品を使うようになりました。
定価で買うと高いので、いつもネットで買っています。
くせ毛の人から評判の良いシャンプーを片っ端から試してみて、より自分に髪に合うものを探しています。
口コミの評判が良いものから使ってみるのですが、髪質は人それぞれ。絶賛されているものでも自分には全く効果がなかったりして不思議です。

 

色んなシャンプーを試してみたのですが、私はシリコンが入っている、重ための仕上がりになるタイプのものが相性が良かったです。
ノンシリコンタイプは髪のまとまりが悪くなり、ごわついてしまいました。
髪をコーティングしてくれるシリコンが入っている方が、翌朝のまとまりが良かったです。
ふんわりタイプだとまとまりが悪くなって、余計にくせが目立ってしまいました。
広がってしまうタイプのくせ毛には、ある程度の重たさを与えてくれる商品の方が良いみたいです。

 

シャンプーが重ためなので、アウトバストリートメントは軽めの感触のものを選んでいます。
重たい感触の物を使うと髪がべったりとして、髪全体が重たく見えてしまいます。
「重たい×軽い」の組み合わせで、なんとか髪を落ち着かせることができています。
くせはなくならないけれど、ストレートパーマをかける間隔も広くなっていて、今のケア方法がベストかなと思っています。

 

あとは基本中の基本ですが、髪をしっかり乾かしてから寝るようにしています。
湿った髪で寝ると翌朝は大変なことになるので、どれだけ疲れていてもきちんとドライヤーで乾かすようにしています。